『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONScripterで"暁の護衛"を起動。

モフ氏の作成した暁の護衛forONSシナリオコンバーターを使い、
しゃんぐりら様から発売中の『暁の護衛』をONScripterで動かすための私的メモです。








変換に必要なもの

暁の護衛forONSシナリオコンバーター
・majiroのarcファイルを展開出来るツール
汎用的にMajiroエンジンのTS形式画像をデコードしちゃうツール(シナリオ変換以外はmiscmjaの方が楽かも)
nsaed.exe(互換エンジン10の記事内のコメントから最新の物を使う事をお勧めします)
・FastStone Image Viewer 又は FastStone Photo Resizer
・dBpoweramp Music Converter等のoggを変換できるツール(任意)
・Active Perl
・jcode.pl(Active Perlをインストールしたフォルダのlibフォルダにでも入れて下さい)
・Image Magick
・PictBear SE
・cygwin1.dll(cygwinをインストールしていない人のみ必要、Windowsのシステムフォルダかシナリオ変換時にmjdisasm.exeと同じ階層において下さい)
暁の護衛forONSシナリオコンバーター変換支援ファイル



1.データ展開

「汎用的にMajiroエンジンのTS形式画像をデコードしちゃうツール」又は「miscmja」でアーカイブを展開ツールで正常に展開出来る状態にします。
両方ともコマンドプロンプトから起動するので、分からない方は最低限コマンドプロンプトの使い方は調べて下さい。

miscmjaの場合
>mjats2tc.exe <input.arc> 4

汎用的にMajiroエンジンのTS形式画像をデコードしちゃうツールの場合
>汎用Majiro六丁TSデコード_101.exe <input.arc> -out <output_dir>

<input.arc>が<output_dir>にある場合は変換出来ないので注意して下さい。

これをdata1.arc,data2.arc,fastdata1.arc,stream1.arc,voice1.arcに対して実行します。(stream1.arc,voice1.arcは不要かも)


変換後に展開ツールでdata1.arcはdata1フォルダ,data2.arcはdata1フォルダ,fastdata1.arcはfastdata1フォルダ,stream1.arcはbgmフォルダ,voice1.arcはvoiceフォルダに展開します。
出力画像形式はPNG、αブレンドを行うのチェックは必ず外して下さい。

goei.batをdata1,fastdata1フォルダと同じ階層に置き実行します。
ev,sam,sound,thumbフォルダが作成され、それぞれのフォルダに220,225,152,115個のファイルが出来ます。


scenario1.arcを汎用的にMajiroエンジンのTS形式画像をデコードしちゃうツールで展開します。
>汎用Majiro六丁TSデコード_101.exe scenario1.arc -out <output_dir> -unpack -notdec

事前にscenario1フォルダを作成し、出力先をscenario1フォルダにして下さい。
update.arcも同様に展開してmjoファイルをscenario1フォルダ内のファイルに上書きしても多分大丈夫です。
kao_1090b.oggは正常に再生できることを確認してvoiceフォルダに移動、majiro.envは削除してもかまいません。

一部のラベルが変わるためダメでした。
上書きすると最後までプレイ出来ません。



2.シナリオ変換

scenario1フォルダと同じ階層にscenarioフォルダを作成します。

同じ階層にmjdisasm.exe,ren_sc.bat,dec_s.bat,goei.plを置き、
ren_sc.bat→dec_s.bat→goei.plの順に実行します。
1.txtが作成されます。



3.画像変換&加工

fastdata1フォルダと同階層にren_pic.batを移動し実行します。

fastdata1フォルダ内にimage_edit.pl,image_mix.pl,dlog_base.pngを移動し、
image_edit.pl→image_mix.plの順に実行します。



titlebar1.png及びtitlebar2.pngを加工します。
この部分はりどみ.txtに非常に詳しく書かれているのでそのまま転載します。(問題があればおっしゃって下さい
次にpictbear SEを起動。
新規作成で以下のように設定

ファイル名→titlebar1
幅→800ピクセル
高さ→50ピクセル
背景色→透明
あとはデフォルトのまま

作成したら

レイヤーの読み込み→fastdata1フォルダ→titlebar1.pngを選択。

画像が表示されたら左のパレットの「自動選択」をクリック。

白い部分をクリック

白い部分が線で囲まれたら「編集」から削除を選択。

白い部分が消えたら「選択範囲」から「選択範囲の解除」を選択。

線が消えたら右のパレットにある「表示部分の結合」をクリック。

画像が結合されたら「イメージ」から「イメージのリサイズ」を
選択、サイズを360×22にしてリサイズします。

リサイズできたら、png形式でファイル名を「titlebar1.png」にして
作業フォルダ直下にでも保存してください。

保存したらもう一度新規作成で下記のように
設定して、「titlebar1.png」と同じ要領で
「titlebar2.png」を加工してください。

ファイル名→titlebar2
幅→800ピクセル
高さ→75ピクセル
背景色→透明
あとはデフォルトのまま


titlebar1.png及びtitlebar2.pngはfastdata1フォルダ内のファイルに上書きしてもかまいません。

その後、fastdata1フォルダ内のPNGファイルをdata1フォルダに移動します。
移動後fastdata1フォルダは削除してもかまいません。



続いて画像のリサイズを行います。
それぞれの縮小割合を書いているので、その値に動かしたい機種の縮小割合を掛けた値に縮小して下さい。
(例1.50%と書かれていてPSP(360*270)で動かしたい場合 → 50%×45%=22.5%
(例2.62.5%と書かれていてQVGA(320*240)で動かしたい場合 → 62.5%×40%=25%

・data1フォルダ → 100%
・evフォルダ → 50%
・samフォルダ → 7.8125%
・thumbフォルダ → 62.5%

FastStone Image Viewer 又は FastStone Photo Resizerを使い、
data1フォルダ及びevフォルダの出力先はimageフォルダ、
samフォルダ及びthumbフォルダの出力先はsamフォルダでPNG形式に縮小します。



4.サウンド変換

bgm,sound,voiceフォルダ内のoggファイルをdBpoweramp Music Converter等で必要に応じて再圧縮してください。



5.アーカイブ化

image,sam,bgm,sound,voiceフォルダをnsaed.exeでアーカイブ化します。





ここまででいったん中断。

fu氏が変換記事を書かれているので、そちらの方が参考になるかもしれません。

以下7 動画をmjpg形式に変換する試みへ続く。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
『るいは智を呼ぶファンディスク』を応援しています! 『黄昏のシンセミア』を応援しています! 『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています! 『コンチェルトノート』を応援しています! 『るいは智を呼ぶ』を応援しています! 『見上げた空におちていく』応援中です
プロフィール

Herbas

管理人:Herbas
 
管理人及びこのサイトについて、詳しくはココを参照。
ご意見ご要望等の連絡も
このページに記載している
メールアドレスへお願いします。

変換記事へのショートカット
駄物記事へのショートカット
各種Tips
最新コメント
Twitter
カテゴリー+月別アーカイブ
 
検索フォーム
メールフォーム
何かあればあればお気軽に。
こんな記事を書いて等でもOK。
メールアドレスは任意ですが、
基本的に返信はしません。

送信はコチラから
リンク (敬称略)
応援中

ものべの - 夏葉
俺の彼女のウラオモテ 150px×600px
AXL新作第8弾 2012年春発売予定!
FaintTone|Reon
さくら、咲きました。「SORAHANE-ソラハネ-」学園エモーションビジュアルノベル
さくらさくらFESTIVAL!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。