『‘&’-空の向こうで咲きますように-』を応援しています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ActivePerlのインストール

ActivePerlの導入方法を紹介します。

1.ダウンロード

ActivePerl公式サイトからダウンロードします。
公式からのダウンロードが分り難いという人はココからどうぞ。
ダウンロードするのは最新のものでもいいのですが、自分はひとつもり氏が使用しているものと同じバージョンのActivePerl 5.8.8 Build819をダウンロードしました。
zipかmsiの好きな方をダウンロードしてください。以下ActivePerl 5.8.8 Build819.msiでの説明です。


2.インストール

msiファイルを起動し【Next >】をクリック、使用許諾条件に同意するなら『I accept the terms in the License Agreement』を選んでから【Next >】をクリックします。

DocumentationやExamplesはインストールしなくてもよいです。PPMはお好みで。Perlは必須です。
インストール先を変更したい人は【Browse >】でインストール先を変更してください。インストール先にはスペースや全角文字は含めない方がいいです。自分は"C:\Software\ActivePerl\"を選びました。
インストールするファイルやインストール先を選んだら【Next >】をクリックします。

次は環境設定です。『Add Perl to the PATH environment variable』は『環境変数のPATHにperlを加える』です。チェックしておいた方がいいです。
『Create Perl file extension association』は『Perlファイル(*.pl)を関連付ける』です。こちらはお好みで。
関連付けると、plファイルのアイコンが変わり、ダブルクリックで実行できます。PCに詳しくない人はチェックすることを強くお勧めします

最後にこれまで選んだ設定でよければ【Install】をクリックします。

インストールが完了すれば【Finish】をクリックします。

インストール後は環境変数のパスのActivePerlを有効にするためにログオフか再起動しましょう。


3.確認

パスが通っているか確認します。マイコンピュータを右クリックしプロパティを選択、詳細設定の環境変数をクリックしてください(XPの場合)。
システム環境変数のPathに"<Perlインストール先>\bin\"が含まれているはずです。自分の場合"C:\Software\ActivePerl\bin\"です。


Perlが使えるか確認します。
Windowsの【スタート】から【ファイル名を指定して実行(R)...】をクリックし、”cmd”と入力し【OK】。
コマンドプロンプトが起動するので”perl -v”と入力しエンター。
するとインストールしたActivePerlのバージョンが表示されます。



以上でActivePerlのインストールは終了です。
わからない事があればコメントにどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

『るいは智を呼ぶファンディスク』を応援しています! 『黄昏のシンセミア』を応援しています! 『コミュ - 黒い竜と優しい王国 -』を応援しています! 『コンチェルトノート』を応援しています! 『るいは智を呼ぶ』を応援しています! 『見上げた空におちていく』応援中です
プロフィール

管理人:Herbas
 
管理人及びこのサイトについて、詳しくはココを参照。
ご意見ご要望等の連絡も
このページに記載している
メールアドレスへお願いします。

変換記事へのショートカット
駄物記事へのショートカット
各種Tips
最新コメント
Twitter
カテゴリー+月別アーカイブ
 
検索フォーム
メールフォーム
何かあればあればお気軽に。
こんな記事を書いて等でもOK。
メールアドレスは任意ですが、
基本的に返信はしません。

送信はコチラから
リンク (敬称略)
応援中

ものべの - 夏葉
俺の彼女のウラオモテ 150px×600px
AXL新作第8弾 2012年春発売予定!
FaintTone|Reon
さくら、咲きました。「SORAHANE-ソラハネ-」学園エモーションビジュアルノベル
さくらさくらFESTIVAL!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。